資源エネルギーファンドとは?:資源株ファンドで世界エネルギー資産運用術

資源エネルギーファンドとは?

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

資源エネルギーファンドとは、主として世界の資源・エネルギー株や、資源エネルギー関連の商品先物指数に連動する債権、証券当に分散投資するものです。

資源エネルギーファンドは、信託財産の純資産のうち約50%を世界の資源・エネルギー株に、約50%を商品指数連動債権等に投資します。

株式投資については、MLIIF ワールド・エネルギー・ファンドとMLIIF ワールド・マイニング・ファンドへの投資を通じて行われます。

商品指数連動債権への投資にあたっては、ダイワ・エネルギー/メタル・マザーファンドを通じて、ゴールドマン・サックス・エネルギー指数、ゴールドマン・サックス非鉄金属指数、ゴールドマン・サックス貴金属指数にそれぞれ連動する商品指数連動債権等へ投資が行われます。

資源エネルギーファンドの運用方法は、ファンド・オブ・ファンド方式で、原則として為替ヘッジは行いません。

資源エネルギーファンド
(ダイワ/ブラックロック資源エネルギーファンド

・販売会社    大和証券
・申し込み単位   10万円以上1円単位または10万口以上1口単位
・申し込み手数料   3.15%を上限
・信託報酬    年率1.7115%

以上が、資源エネルギーファンドの概要です。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。