世界資源株ファンドとは?:資源株ファンドで世界エネルギー資産運用術

世界資源ファンドを知ろう

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

世界資源ファンドとは、主に日本を除く世界各国の資源関連の株式等へ投資を行う、投資信託である。

世界資源ファンドが扱う資源関連株とは、鉱山、金属精製、エネルギー、水、その他の天然資源に関わる企業が発行する株式です。

世界資源ファンドの運用は追加型株式投資信託で、「ファミリーファンド方式」により行い、「世界資源株マザーファンド受益証券」への投資を通じて資源関連株への実質的な投資を行います。

世界資源ファンドは、化学や地質学のスペシャリストで、資源会社勤務や地質分析コンサルタントの経歴を持つ、グローバル・ベースでの資源関連株ファンドマネージャーが運用を担当します。


 世界資源ファンド主要販売会社 三菱UFJ証券
               運用会社 三菱UFJ投信

 世界資源ファンド 申し込み内容

・申し込み手数料 3.15%を上限
・信託報酬 1.974%

 以上が世界資源ファンドの概要です。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

世界資源株ファンドとは?

ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

世界資源株ファンドとは、主に日本を除く世界各国の資源関連の株式等へ投資を行う、投資信託である。

 資源関連株とは、鉱山、金属精製、エネルギー、水、その他の天然資源に関
わる企業が発行する株式です。

世界資源株ファンドの運用は追加型株式投資信託で、「ファミリーファンド方式」により行い、「世界資源株マザーファンド受益証券」への投資を通じて
資源関連株への実質的な投資を行います。

世界資源株ファンドは、化学や地質学のスペシャリストで、資源会社勤務や地質分析コンサルタントの経歴を持つ、グローバル・ベースでの資源関連株フ
ァンドマネージャーが運用を担当します。

■ 世界資源株ファンド

主要販売会社 三菱UFJ証券

運用会社 三菱UFJ投信

 世界資源株ファンド 申し込み内容

・申し込み手数料 3.15%を上限
・信託報酬 1.974%

 以上が概要です。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

資源関連株って何?

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

資源関連株とは、主に石油関連企業を中心に、鉱業、非鉄、ガラス、土石関連企業などの資源関連企業の発行する株式のことである。

資源関連株には、単にエネルギー資源や鉱物資源の採掘を行っている企業のみならず、それらの精製・物流・販売に関わる、幅広く資源に関わる企業の株式も含みます。
 
また、資源関連株を発行する企業の多くが海外企業のため、日本では資源関連株を対象とするファンドは国際株式型に分類されています。
 
資源関連株を対象とする資源株ファンドは、市況を大きく反映し、また、外国為替相場の影響も大きく受けるのが特徴です。

 資源関連株を対象とする主要なファンド

・世界資源ファンド    三菱UFJ
・ブラックロックワールド資源ファンド    ブラックロック
・ブラックロックゴールドファンド        ブラックロック

 以上のような概要になっております。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

ワールド資源株とは?

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

ワールド資源株とは、主に石油関連企業を中心に、鉱業、非鉄、ガラス、土石関連企業などの資源関連企業の発行する株式のことである。

ワールド資源株には、単にエネルギー資源や鉱物資源の採掘を行っている企業のみならず、それらの精製・物流・販売に関わる、幅広く資源に関わる企業の株式も含まれます。
 
また、ワールド資源株を発行する企業の多くが海外企業のため、日本では資源株を対象とするファンドは国際株式型に分類されています。
 
ワールド資源株を対象とする資源株ファンドは、市況を大きく反映し、また、外国為替相場の影響も大きく受けるのが特徴です。

 ワールド資源株を対象とする主要なファンド

・世界資源ファンド    三菱UFJ
・ブラックロックワールド資源ファンド    ブラックロック
・ブラックロックゴールドファンド    ブラックロック

 以上のような概要になっております。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

世界資源株について

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

世界資源株とは、主に石油関連企業を中心に、鉱業、非鉄、ガラス、土石関連企業などの資源関連企業の発行する株式のことである。

世界資源株には、単にエネルギー資源や鉱物資源の採掘を行っている企業のみならず、それらの精製・物流・販売に関わる、幅広く資源に関わる企業の株式も含まれます。
 
また、世界資源株を発行する企業の多くが海外企業のため、日本では資源株を対象とするファンドは国際株式型に分類されています。
 
世界資源株を対象とする資源株ファンドは、市況を大きく反映し、また、外国為替相場の影響も大きく受けるのが特徴です。

世界資源株を対象とする主要なファンド

・世界資源ファンド   三菱UFJ
・ブラックロックワールド資源ファンド   ブラックロック
・ブラックロックゴールドファンド   ブラックロック

以上のような概要になっております。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

世界資源エネルギーファンド基準価格について

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

世界資源エネルギーファンド基準価格とは、それぞれの投資信託一口あたりの時価のことである。

世界資源エネルギーファンド基準価格は、ファンドの対象が世界の様々な資源関連株のため、資源の価格と高い連動性があり、市況の影響を大きく受けやすいのが特徴です。

世界資源エネルギーファンド基準価格は値動きが激しいのが特徴で、3000円台から19000円台まで変動したものもあります。

世界資源エネルギーファンド基準価格
 <主な世界資源エネルギーファンドの基準価格>

 ・ブラックロック資源エネルギーファンド 11,711円
 ・レインボーファンド 11,780円
 ・HSCB世界資源オープン 11,821円
                            (2007/8/10現在)

以上が、世界資源エネルギーファンド基準価格の概要です。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m

世界資源エネルギーファンドについて

次世代ハイリターン投資をするならランキングで情報を集めよう!

世界資源エネルギーファンドとは、世界各国の資源、エネルギー、食糧等に関連する株式へ投資するものです。

世界資源エネルギーファンドは、マザーファンド受益証券への投資を通じ、主として世界の資源、エネルギー、新エネルギー、公益、食糧等に関連する株式等に投資し、投資信託財産の中長期的な成長を図ることを目指すものであります。

世界資源エネルギーファンドの運用はファミリーファンド形式で、HSBCグループの一員であるシノピア・アセット・マネジメントが行い、シノピアは、アクティブ・クオンツの運用を専門に行っています。


世界資源エネルギーファンド
(HSBC世界資源エネルギーオープン)

 ・申込手数料 3.675%を上限
 ・申込単位 各販売会社による。
 ・信託報酬 年率1.995%
 ・信託期間 無期限
 ・販売会社 多数

以上が、世界資源エネルギーファンドの概要です。

なるほど参考になりました!
と言う方はランキングの1クリックをお願いいたしますm(__)m
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。